大変だけどやりがいがある仕事

看護師という仕事に憧れて、厳しい看護学校を卒業し、資格を得て、志高く医療の現場に入ったにも関わらず、看護師という仕事を離れる人は少なくありません。
自分が思い描いていた看護師の仕事と、実際に働いてみたのとでは全く違っていた・・・実際に看護師が働く医療現場とはどんなところなのでしょうか?
看護師が直面する現実とは一体どんなものなのでしょうか?

白衣の天使といわれる看護師ですが、患者としてみる看護師と実際に自分が看護師として働くには大きなギャップがあります。
よく労働の3Kと言われる「危険」「汚い」「キツイ」は看護師の仕事に当てはまるのは当たり前、看護師の仕事にはさらにいくつもの「K」がつくという人もいるほどです。
「休暇が取れない」「給料が安い」「結婚できない」「規則が厳しい」・・・などこれから就職しようと思っている人にとっては耳を塞ぎたくなるような条件ですよね。
それでも、と夢と理想を追って看護師になったはいいものの想像以上に厳しい現実に職を離れる看護師があとをたちません。そのたびに採用担当や看護部長が看護師の求人募集をださなくてはいけなくなります。

看護師が離職する原因にはいろいろなものがありますが、実は「看護ケア以外の雑務が多い」ということに不満を感じている看護師も多いのです。
看護師一人が担当する業務の量も多く、そのことに不安を感じている看護師も多いのが現実。
看護師不足が深刻化する背景には夜勤や残業など過酷な労働や自分の思うような看護ができないことへの不安、給与など待遇面での不満などがあるようです。
もちろん、責任ある厳しい職業だけに、育児や結婚生活との両立が難しいといった離職理由も多くあります。

このように厳しくはありますが、看護師はとてもやりがいのある仕事です。
ほかの職業では得ることのできないような達成感や満足感を得ることができるのも人と接し、人の命に関わる看護職ならではのもの。
近年では子供のいる看護師も働きやすいように短時間の正規職員を採用したり、病院内に託児所を設ける医療現場も増えています。

病院によっては看護師のスキルアップやキャリアアップ、資格取得のための研修等に力を入れている病院もありますし、こうした看護師の育成に力を入れている病院であれば、忙しさの中にも目標を見出すこともできるはずです。
また、人間関係が良好な職場であれば気持ちよく楽しく働くことができるかも知れません。

忙しく、大変な職業ではありますが、それだけに得るものも多いのが看護師という仕事です。
毎日の業務のなかにやりがいを感じられるような職場に就職したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です