自分に合った職場の選び方

看護師という職業は全国どこにでも勤務先があり、例え都内から地方へ、家族の都合などでの急な引っ越しがあっても、引っ越した先で勤務先に困ることはありません。しかし、都内の看護師と、地方の看護師で少し考え方が違う部分が出てくるらしいのです。例えば、都内の看護師は一人暮らしの割合が多く、年齢層も比較的若い世代の看護師が多いのに対し、地方の看護師は、家族と同居している場合が多く、都内の看護師と比べ年齢層がやや高いです。これは看護師としてのキャリア向上の意識に差が出てきて、都内で一人暮らしをしている看護師は、自分の時間を有意義に使うことができるし、お給料も必要に応じて費やすことができるので、勉強会や研修会に参加することが出来るため、看護師としてのキャリアアップに積極的な傾向があるようです。それに対し家庭を持っている割合の多い地方の看護師は家族の協力を得て看護職に就いているため、思うように時間や費用を費やすことができない場合が多いようなのです。これはあくまで割合の話であって、都内で看護師をしている人の中でも家庭を持って、家族の協力のもと働いている人もいますし、地方で看護師をしている人の中にも、キャリアアップの意識が高く、一人暮らしをしている人もいます。地方によってその地域ならではの特色のようなものは少なからずあります。都内から地方に、逆に地方から都内に転職する場合は、その土地の環境や状況を把握して、少しでも自分に合った所を選ぶべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です