長く勤められる職場を見つけよう

看護師は女性の多い職業ということからも、勤続年数が短い傾向があります。結婚や出産を期に離職し、子育てや家事に追われる中での復帰が難しく、不規則な勤務形態なので、家庭と看護師の両立が困難であるということが言えるでしょう。大きな総合病院や大学病院などでは、病院内での移動などで、いきなり違う診療科目に勤務しなければならなくなることも多く、環境が急に変わってしまうことに対応しきれず、辞めてしまうというケースもあります。逆に平均勤続年数の長い職場には、決まって環境の良さが挙げられます。看護師という仕事は体力的にかなりきつい業務です。それに加え、人間関係など、厄介な問題まで出てきてしまうと精神的にもきつくなります。長く同じ職場で働きたいのなら、いかに働きやすい環境を見つけるかがポイントになってきます。体力面や技術面で自信のない看護師なら、介護施設などが良いでしょうが、介護施設では、看護師の他にケアマネージャーや介護師など違う分野の人と協力して仕事をしていかなければならないため、人間関係やコミュニケーションを取ることが大事になってきます。逆にそういったコミュニケーションや看護師同士の人間関係で悩まされることが嫌な看護師なら、企業や、テーマパークやレジャー施設などの環境の方が合っているかもしれません、しかしここでは、看護師としての能力とともに、情報処理能力なども必要になってきます。 勤続年数が短いから悪いというものではありませんが、長く勤務できる職場は、やはり自分を出していけるというかストレスなどが少ない環境にあるからだと思います。勤続年数が長いとお給料が多少UPしたり、キャリアアップできたりとメリットが多いので、自分に合った環境を見つけられればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です